●Index

 

 

 

 

 

う蝕のなりやすさには、個人差があります。食生活の習慣や、唾液の質・歯の質・口の中のう蝕の原因菌の種類などに影響される疾患です。

●●予防について●●

まずは、規則正しい食生活を心がけることです。
甘いものや、お菓子・ジュースなどだらだら食べたりせず、又食事の後はなるだけ早く歯磨きをするなど工夫することによって、う蝕になるのを 抑えることができます。

●●治療について●●

初期のう蝕(カリエス)の場合の通常の治療法は、むし歯の穴を切削して、充填(つめもの)やインレーで修復する方法がとられます。
しかし、ごく初期の場合は、切削をしないで、むし歯の穴や溝に直接浸透性のよいレジン樹脂などを充填することによって、初期う蝕の進行を防ぐ方法をとることがあります。

●●シーラントについて●●

う蝕になりやすい口腔内に萌出してきた幼若永久歯などを、むし歯に罹患しないように有効な処置方法としてシーラントがあります。
ただし、処置をした後に端が欠けたり、脱離したりすることがありますので定期的に経過を観察し、検診を受けましょう。

●●フッ素について●●

う蝕の罹患率低下の為に、定期的にフッ素を塗布します。
安全性について、不安を感じられる方もおられますが、歯科の予防処置として使用する量では副作用などはありません。

このページの最初に戻る

 

う蝕が進行して、歯髄まで達しているが歯髄は、まだ生きている状態のことです。

●●治療について●●

まず、歯髄の鎮静(痛みを止めること)から行います。エックス線撮影をして、根管の形態や歯髄の生死などを判断します。
それから、麻酔抜髄などの方法で歯髄の除去を行っていきます。その後根管を清掃し、根管の中に薬剤をつめていきます。セメントで蓋をします。その後う窩が小さい場合は、充填やインレーで修復、う窩が大きい場合は冠や歯冠継続歯などで修復を行います。

 →  →  →

   → 

このページの最初に戻る

 

歯周病は、歯肉炎と歯周炎があります。

 →

      →   

●●歯肉炎について●●

口腔粘膜の炎症で歯肉に限局して現れるものを歯肉炎といいます。また症状に応じて傷病名も違います。

 

●単純性歯肉炎
プラークなどにより歯肉に炎症が生じたもので、ほとんどの歯肉炎がこれに分類されます。急性のものと慢性のものがあります。

●複雑性歯肉炎
プラークなどによって生じた歯肉炎が妊娠や薬の服用などの全身性要因と重なって、潰瘍性や壊死性のものになった状態のことです。

●歯肉外傷
歯ブラシや硬い食べ物や、薬物、温度などが原因で歯肉が損傷した状態のことです。

●●歯周炎について●●

炎症が歯肉から歯根膜や歯槽骨に及んでしまったもので、歯槽骨の吸収程度、歯周ポケットの深さ、歯の動揺度などによって病名が違います。

●軽度歯周炎
骨吸収は歯根の長さの1/3よりすくない。歯周ポケットの深さ3〜5mm程度の状態

●中等度歯周炎
骨吸収は歯根の長さの1/3〜1/2程度。歯周ポケットの深さ4〜7mm程度。歯の動揺度は軽度の状態

●重度歯周炎
骨吸収は歯根の長さの1/2以上。歯周ポケットの深さ6mm以上。歯の動揺度は著しい状態。

●P急性発作
歯周炎の急性症状で、膿瘍などを形成して、疼痛もあります。この症状の場合は、まず、消炎・鎮痛を図ることが大事なので投薬や切開等の処置を行います。

●●治療について●●

歯周病は慢性的な疾患なので、患者様自身がそれをよく理解して、歯科医師と協力して治療を進める事が大切です。

このページの最初に戻る

 

ブリッジとは、歯牙が欠損している場合、その横にある歯に冠や継続歯などを作成して、欠損部分の人工歯とつないで、維持させたものです。

ブリッジの作り方には、ワンピースキャスト方とろう着方があります。ほとんどの場合ワンピースキャスト方で行う場合が一般的です。

●●ワンピースキャスト法について●●

一回の印象採得で、ブリッジを1かたまりの鋳造物として作成するものです。
支台装置装置は鋳造タイプに限られます。

●●ろう着法について●●

ろう着法は、支台装置とポンティクを別々に作ってそれぞれをハンダ付けして作成する。
支台装置が帯環金属冠の場合はろう着法に限ります。

このページの最初に戻る

 

口の中には、何百億という細菌が存在してます。これらの細菌等の中の一部が食べかす等を分解する際に口臭の原因となる臭気成分を作り出します。主な成分として、メチルカプタン・硫化水素・ジメチルサルファイド等があります。口臭には、必ず原因があり、原因を突き止めお口の中のケアを行えば口臭の発生を防ぐことが出来ます。

●●種類について●●

●生理的口臭
起床時・空腹時・疲労時・ストレス時などの時に、一時的に唾液の分泌が減少して、細菌が増殖して、口臭を感じるもので、一時的なもので、歯磨き及びうがいなどをすることで解消することが出来ます。

●病的口臭
歯周病やむし歯などの病的原因で起こす口臭で、原因の病的原因を治療をすることで解消することが出来ます。

「舌苔口臭」
口臭の中で最も多い原因のひとつで、新陳代謝によって脱落した粘膜細胞や白血球等の血球成分が舌に付着したもので細菌により分解され悪臭を発生します。

「むし歯・歯周病」
大きなむし歯や、歯周病の進行により、細菌によって破壊された組織や血球成分などのタンパク質を分解し、悪臭を発生させます。

「心因性口臭」
一般的な生理的口臭の範囲なのに、過度に口臭を気にする場合に、心因性を判断されるものです。

口臭が気になったら、歯科医院での健診を受けて下さい。

このページの最初に戻