失った歯を取り戻す新しい治療法  歯科用インプラント

 

歯の役割

歯の最も重要な役割はいうまでもなく噛むことです。しかし、これ以外に歯には顔の表情を決定するという重要な役割があることを忘れてはなりません。顔貌、表情、喜びの表現、自然な笑いには歯は大切な役割を果たしています。歯は会話を交わすためにも、美しい表情にも不可欠な要素です。歯はその人のライフスタイルやライフクオリティに大きく影響しているのです。

歯を失うこと

私達は歳を重ねるにつれ、むし歯や歯肉の病気、あるいは事故などで歯を失うトラブルに見舞われることがあります。奥歯を数本失うより、前歯を1本失うほうが心理的につらいかもしれません。たった1本の歯を失うことで、歯の機能と審美性が崩れ、食事のときや外見上で不都合を感じるようになってしまいます。歯を失った方は、できるだけ簡単で目立たない方法で失った部分を修復することを切望することでしょう。歯を失うことは歯冠だけでなく噛む力を支える歯根までもを失ってしまっているのです。失った歯を元に戻したいという方の願いは、インプラント治療によってかなえられるでしょう。

歯科用インプラント

歯科用インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根のことです。インプラント本体は外科手術により顎の骨に埋め込みます。埋め込まれたインプラントは、平均6〜12週間の治療期間を経て骨にしっかりと結合します。

新しい治療法と従来の治療法

失った歯の修復法として、従来は人工クラウンやブリッジ、取り外し式の部分入れ歯、総入れ歯が利用されてきました。しかし、こうした代用物を口の中に確実に固定するには、隣の健康な歯を削らなければならないといった問題がありました。
また、従来の方法では失われた歯根までもを回復させるすべはなく、歯がなくなることによってできた顎の骨の中の空洞は放置されたままでしたので、やがてはこの歯根の喪失による空洞によって顎骨が萎縮する危険がありました。本来あるべき骨量が年月とともに大量に減少し、骨は萎縮した状態になってしまう場合もあるのです。これが原因で入れ歯はフィットが悪くなり、食べる喜びがなくなり、日常生活の楽しさを失うことにもなりかねません。
これに対して、新しい治療法としてインプラント治療があります。インプラント治療の利点は、まず取り外し式の入れ歯に代わって、固定式の入れ歯を入れることができます。取り外し式の入れ歯の場合でも、インプラント上にしっかりと固定できるので、通常の入れ歯のようなズレや食べ物のかけらが入ったときの痛みがなくなります。インプラントによる入れ歯なら、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛めます。自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すこともまったく平気です。噛む能力が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスのよい食事が楽しめます。楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。

インプラント治療はこのように行います。

インプラント埋入手術に伴う不自由さ痛みの程度、およびその継続期間は臼歯の抜歯と同じくらいと考えてください。
埋入手術は局所麻酔下で行います。顎骨を露出し、そこにインプラントを埋入し傷を縫合します。やがてインプラントは周囲の骨と結合し、安定します。インプラントと骨が結合するまでの間、定期的に検診を行い、インプラントの状態をチェックします。約6〜24週間でインプラントは周囲の骨と完全に結合されます。その後に再度手術してインプラント上部を露出させヘッド部を装着します。インプラントの種類によってはこのときの手術をしなくてすみます。

 

STEP1 診断と治療計画
レントゲンなどによって十分な診断の後、インプラント治療に関する説明を受けます。インプラント治療は専門のトレーニングを受けた歯科医師が行います。

STEP2 インプラント手術
チタン製の小さなネジの様な形状のインプラントを局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。

STEP3 インプラントと骨がくっつくのをまつ
インプラントと骨がしっかりとくっつくまで約6〜24週待ちます。この期間、一般的にはインプラントの上に仮歯を入れておきます。

STEP4 歯の装着
手術2回式の場合は再度手術してインプラントの頭を出して人工の歯をとりつけます。

トップに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2006.7掲載